「#小湊鐵道中の人の不当解任に抗議します」がTwitterのトレンド入り。SNSは気軽に取り組めるツールだが、舵取りをミスると大変なことに

小湊鉄道のTwitter担当者が解任され、それに抗議するハッシュタグ「#小湊鐵道中の人の不当解任に抗議します」がTwitterトレンド入りしました。

https://twitter.com/kominatorailway
投稿された内容のほとんどが削除されています。

小湊鉄道に限らず、鉄道には濃くコアなファンがつきやすく、SNSとの相性もよし。なので、情報発信やファンと交流は重要な任務です。しかし、舵取りを間違うと、逆ブランディング=ファン離れの要因にもなってしまいます。

https://twitter.com/963DM1/status/1259871395179192321

こういう声も

フォロワーの価値をなめてはいけない

フォロワー数がノルマだったということですが、企業アカウントが健全に運用して行くためには、ある程度のルール作りをすること、そして広告を併用することが求められます。その中には目標としてのフォロワー数も当然入ってきますが、「ノルマ」となるとまた話は別。中の人のキツさが伝わってきます。

ただ、小湊鉄道公式の場合、今回解任された担当者に代わってからは人気のアカウントになり、現時点で1.5万人のフォロワー数がいます。就任前は1000程度だったことから、10倍以上に増やしたパワーは相当です。

1フォロワーの獲得数は広告を使った場合200~300円程度と言われていますので、仮に1.5万人のフォロワーがいるのであれば、300~450万円ほどの価値があることになります。このフォロワー数がいて、仮にキャンペーン効果も計測できるのであれば年間で1,000万円ぐらいの価値があるかも知れません。

今のところ解任された担当者の見解しか出てきていないので、今後の企業側の対応を待ちたいと思います。

【参考サイト】

・『好き勝手にTwitterやるな』小湊鐵道SNS担当クビ原因考察と炎上経緯まとめ #小湊鐵道
https://matome.naver.jp/odai/2158921248481045701

・【悲報】小湊鉄道の公式Twitter担当者が処分へ 「好き勝手にTwitterをやるな」が理由
https://japan-railway.com/entry/2020/05/11/200152

SNSに関するご相談はお気軽にどうぞ!

ソーシャルメディア(SNS)に関して、導入支援や運用代行、セミナーや講演活動などをおこなっております。ご検討されている方は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です