熊本市長「コロナのバカー」が好意的に受け入れられた理由

コロナ関連のTwitter投稿で非常に興味深かったのが、熊本市長のこのツイート。

この記事を書いた時点で、8万以上のRTと38万以上のいいねを獲得しています。

自治体首長やインフルエンサーのこうした書き込みは、一歩間違えば炎上する可能性もあるのですが、コメント欄を拝見すると、軒並み好意的に受け取られています。

  • コロナの終息が見えていない
  • さまざまなイベントが中止
  • 学校の臨時休業
  • メディアからの発表はマイナスのものばかり

と、世の中全体に閉塞感が漂っていたこと。そして、首長からの投稿が、現在の患者数や自治体としての対応、クレームへの返信と、どうしてもネガティブ寄りになってしまうこともあり、そんな中世の中の気持ちを代弁する「心の叫び」が受け入れられたのではないでしょうか。

市の公式サイトやFacebookページでは絶対にできないこうした投稿や交流は、Twitterの醍醐味ですね。そしてコロナの件が1日でも早く終息しますように。

SNSに関するご相談はお気軽にどうぞ!

ソーシャルメディア(SNS)に関して、導入支援や運用代行、セミナーや講演活動などをおこなっております。ご検討されている方は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です